12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-15 (Fri)
第80回

皆さんこんにちは、こんばんは。

今日は、『フォールアップ発声法』 ~その2~ をやります。

前回は、表声(地声)でやりましたが、今回は『裏声』でやります。

では早速、音声を聴いて下さい。

音声内容・・・

1・・・裏声のため息

2・・・『うー』で伸ばしながら音程を下げていきます。

3・・・次に、音程を上げていきます。

4・・・今度の音声は、裏声の時に『息漏れ』が出てしまう時の声です。
   口の前(5cmほど前)に手のひらを持ってきます。
   そして、『うーーーーー↓』と、ため息声で長く伸ばしてみて下さい。


   息が勢いよく手のひらにかかる様であれば、息漏れが多い状態です。
   できるだけ息が前に飛ばないように、頭のほうに↑息が向かうように
   してみて下さい。

5・・・今度は『息漏れがない状態』の裏声です。


[VOON] 080 裏声フォールアップ発声法

・     ・     ・     ・     ・

この発声をする時の音の高さは、
いつものように『楽に出る高さ』でやってください。


声の大きさも、出せるならある程度の大きい声で
やってもらったほうがいいのですが、
小さい声でも、この発声法の場合は腹式発声の
練習になるのでいつでも(毎日でも)やってみましょう。

基本が『ため息』なので、必ず『体の力を抜きながら』
発声してください。
力が入ってしまうと、この練習の意味がなくなってしまいますので
脱力を心がけましょう。


図説も用意したので参考にしてみて下さい。
ちょっとサイズが大きいのでカーソルを図説に乗せるか、又はクリックしてください。
080

(はみ出してしまった・・・  失礼しました・・・)

こんな感じです。

このやり方は、本当に私の主観的(私だけの見方・判断)な方法ですが
ちゃんと脱力しながらやれば効果が出てくると思いますので
コツコツとやってみてくださいね。

今日は以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追加記事(5月15日)

『西村由紀江』さんの曲を聴くことができるようになりました。

↑カテゴリから→西村由紀江さんの記事に飛びます。

心を癒したい方は聴きに行ってみてください。

試聴用サンプルです。

スポンサーサイト
| フォールアップ発声法 |
2009-05-13 (Wed)
第78回

皆さんこんにちは、こんばんは。

昨日の、『ほにゃらら』発声法の意味ですが、

タイトルにあるように、『フォールアップ発声法』のことです。
といっても、何のことだかピンときませんね。

簡単に言うと・・・ため息を使う発声法のことです。
『ため息発声法』でも良かったのですが、
検索してみると同じ言葉を使っている所があったので
やめました!

パクリと勘違いされても困るので・・・

いつものように私の主観的な、完全オリジナル発声法なので
同じ言葉は使いたくはないのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ、フォールアップか?

ため息自体は『はぁ~↓』と落ちていくので・・・フォール

そしてここから、だんだんと落ちていく時間を長くゆっくりと伸ばしていき
最後は、ため息での発声から→逆に、音程を上に上げていくので・・・アップ
ということです。

↓下のノートをクリックしてご覧下さい。(今日はシンプルです!)
078


ご覧のように、声を落としたり上げたりするのでフォールアップです。
こんな言葉は、検索しても出てこないのでちょうどいいと思っています。
これに近い言葉で、イエローフォールアップと言うものがありましたが・・・
登山関係のものかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ではやり方です・・・

最初は普通のため息を出します。(何回かやってみましょう!)

続いて、ため息に言葉を乗せます。
一番やりやすいのが『う~~~↓』だと思いますので、
『う』にしてみました
。これでやってみてください。

次からは、『う~』のため息を徐々に長く伸ばしていきます。
そして、できるだけ長く『う~』のため息をついてみましょう!

・     ・     ・     ・     ・

基本的にため息は、体を脱力させながら腹式で息を吐くので、
この息に声を乗せると自然な発声になります。


ただ、ため息声の音もそのまま落ちていってしまうので
このままでは歌には使えません。

ということで、ため息声の落ち方をゆっくりと時間をかけて
落としていく練習をします。

これによって、音程のふらつきも改善されていくと思います。
さらに、このため息声を今度は逆に上に上げていきます。
この上に上げる練習は、歌うための腹式発声をするのに

『とても効果的だと私は考えます!』

・     ・     ・     ・     ・

それでは、音声を聴いてみてください。

音声内容・・・

1・・・普通のため息・・・2回

2・・・『う~』でのため息・・・短めから→長めまで・・・4回

3・・・逆に、音程を上げていく・・・1回

4・・・最後にまっすぐ伸ばします。・・・1回 
   (安いマイクで録っているため、声を伸ばすと
    声がだんだん小さくなっていきます。近いうちに
    新しいものに取り替えますので、しばらくご辛抱を・・・)

[VOON] 078 フォールアップ発声法

こんな感じです。

この方法でやっていくと、次第に腹式発声の感覚や
声の安定感を感じるようになってくると思いますので、
これも発声練習に加えて、ゆっくりと時間をかけてやっていきましょう。

これで今日の『フォールアップ発声法!!』 ~その1~ は終わりです。
~その1~ということは、~その2~もあります。
これはまた後で・・・

・     ・     ・     ・     ・

そろそろ発声練習のメニューも、初心者コースとか?中級コースとか?
タイプ別?とかにしたほうがいいのでしょうね。

カテゴリの発声練習が多くなってきたので、
考えてみようかと思います。

あぁ・・・   大変そう・・・


ではまた。

| フォールアップ発声法 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。