12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-04 (Sun)
皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

ちょっと『Nコン』です!


昨日、午後4時からNHKで
『いきものがかり 15歳へのエール』という番組があり
私の地元(栃木県大田原市)の中学校が取り上げられていました。

番組の放送は知っていたのですが、まさか近所の中学校が
取材されていたとは知らず ビックリ!
見入ってしまいました。


『そうか、地元の子も合唱頑張っているんだな・・・』と、歌っている姿を見ていたら
なんだか嬉しくなってしまいました。

ありがとうございます!

川中の部長さんへ・・・
高校に行っても合唱頑張ってくださいね。
応援しています!


そうそう、来年学校が統合されちゃうんだよね~ 私の母校も統合されます。
(テレビを見た人+地元の人にしかわからない話でした・・・)
時代の流れには逆らえない。。。   さびしいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、吉岡さん!! 

あの声の響きが・・・いい!!

番組の最後で歌った『YELL』は号泣ものです!!

(すみません、私事で・・・)

先週、水谷豊さんと一緒に出ていた時も
逃さずチェックしました。

『YELL』と『帰りたくなったよ』

基本的にバラード好きな私にとって

この2曲を聴くことができてラッキー!!

来週のコンクールにも期待!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・

『いきものがかり 15歳へのエール』 (再放送)

10月4日(日)NHK教育 午後3:00~3:29 
今日です!!

10月10日(土)NHK総合 午前0:55~1:24 
(深夜)

お見逃しなく!!


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
| 中学校の部 『YELL(エール)』 |
2009-05-17 (Sun)
第82回

皆さんこんにちは、こんばんは。

久しぶりの『YELL(エール)』です! 大変お待たせいたしました。

今日は、YELLの歌い方のポイント!!と題してやってみたいと思います。

アンケートのほうに票を入れてくださった方へ、ありがとうございます。

がんばりたいと思います。

・     ・     ・     ・     ・

今日の内容は、YELLについて一般的に周知されている歌い方のポイントと
私の主観的な意見になっております。

(著作権法上、歌詞は書けませんので、できる限りの表現で
進めていきたいと思います)
・     ・     ・     ・     ・

恐れ入りますが、譜面を用意してください。
(そうしないと分からないと思うので・・・)

======================

では参ります。

まずこの曲は短調で書かれていますね。 これだけで奥が深そうです。
『頑張って歌い込んでください!』と、この作品から聴こえてきそうですね。

______________________

本人(主人公)について・・・


歌詞の内容を見て分かると思うのですが、本人については
4小節目と19小節目で、2つの表現の仕方をしています。
最初の4小節目の『・・・』は『自分自身』ということで、
19小節目では自分のことを『・・』と呼んでいます。

(この『・・・』『・・』の言葉が何の言葉かご理解いただけたでしょうか?
譜面を見るば分かると思うのですが・・・)

4小節目と49小節目の『・・・』は、頼りや支えとなるものがない状態で
そのことが現在の『・・』(19小節目の)にとっては気がかりでしょうがない様子です。

自分の内側を見つめるほど孤独感に苛(さいな)まれてしまう。
でも、夢を追いかけるためには、しっかりと向き合っていかなければならない。

このような思いが感じられます。

______________________

この歌詞の中で一番大切なところは、22~26と56~60小節の
サビの文になりますね。
Good-bye=友達への応援
離れ離れになるけれど、みんなの思いが心の支えになる・・・
いいところですね。

======================

続いて、演奏のポイント!

いきものがかりの作品ですから、ポピュラー色が強くなっています。
ポップス系の曲はメロディーが大切なのでその辺を意識してみましょう。

この曲はメロディーを歌うパートの入れ替わりがあるので、
メロディーパート(例えばアルト)が他のパートの
影に隠れないように、音色を明るくして歌ってみましょう。


普通に歌ってしまうと、どうしても暗かったり
音程が下がり気味に聴こえてしまったりするので
力強く、明るくなるような歌い方にしてみましょう。

・     ・     ・     ・     ・
追記(6月10日)

声を明るくする方法のひとつとして
『上唇を前歯から離す』という方法がありますね。


手鏡などで確認しながらやってみてください。
普通に『あー』と発声した状態から→上唇を歯茎が見えるぐらいに持ち上げると
声が明るくなりませんか?
 明るくなる程度に上げればいいのですが。

唇の周りに、口角(こうかく)を頬骨方向に持ち上げる口輪筋(こうりんきん)という
表情筋があります。 別名・・・開口筋 

口輪筋などの表情筋の使い方により、声は多彩に変わっていきますので
歌う場所に合った表情筋の使い方を探してみて下さい。



・     ・     ・     ・     ・
あとは、全員でソプラノのメロディーを何度も歌ってみましょう。
そうすることで、YELLの歌い方が体で感じ取れるようになるみたいです。

そして、4ビート(4分音符)を感じながら歌う練習をしましょう。
曲の歌いだしからピアノが、タン、タン、タン、タン、と4つずつ刻んでいますから
それに乗せて歌う練習をしてみましょう。
______________________

19小節のpoco a poco cresc,では、声を抑え気味にして
音色を変えてみたりして、気持ちが高ぶっていく様子を
表現してみます。


そして、どんどん気持ちを高めていきサビに入ります。

サビでは、しっかりと声を出して感情を高まりを表現してみましょう。

______________________

34小節からの混声では、男声パートがメロディーを受けます。

変声期で発声が難しい時ではありますが、
暗い声にならないように、声の響きを鼻や頭部のほうに向けて
明るく響かせてみましょう。音程もよくなると思います。


その後は、メロディーの受け渡し(男声→女声→男声→女声)が多くなるので
気をつけて歌ってみましょう。

______________________

43小節目からは、ピアノが8分音符を力強く刻んでいきます。
1番(13小節~)のメロディーとは違い、ここではより力強く、明るく、
積極的な心情を表現したいと思うので、どんな歌い方がいいのか、
いろいろと試してみてください。


言葉は、幾分はっきりと出したほうがいいと思います。

______________________

そして56小節から、この曲の中で一番『しなやかで美しい』ところに入ります。
 
ここでは、あなたの想いを一番伝えたい人に向けて優しく歌いましょう。
そして、他のパートもその『しなやかで美しい』さまを受け継いで、
60小節からのメゾフォルテでも、その雰囲気を保持してみてください。

そして徐々に高揚させていき、64小節の『piuf』からは
あふれ出す気持ちを思いのままに歌い上げてみましょう!!


______________________

この曲の最後も短調のままですから、
深みを漂わせたまま終わります。


その雰囲気を最後のCoda(終止部)73~76小節で表現してみましょう。

______________________

この曲の歌詞を見ると本当に『真剣さ』が伝わってくる歌詞だと思います。
この歌詞の内容を心の中にしっかりと取り込んで
あなたの想いを染み込ませて、それを表現してみてください。

このすばらしく美しい曲が、あなたの大切な曲となるように・・・

======================

では、がんばってくださいね!

以上です。


| 中学校の部 『YELL(エール)』 |
2009-04-06 (Mon)
第37回

皆さんこんにちは、こんばんは。

ようやく Nコン 各課題曲の譜面が届きました!

小学校の譜面にはコードが付いているんですね。
中高の譜面にも付けてあると助かるのに・・・

とりあえず、ざーーーっと目を通したまでですが
どの課題曲も、いいものに仕上がっていますね。
さすがだ!

==================

今日は、YELLについてやろうと思っていたのですが
もっと時間をかけて見ていかないとだめですね。

去年もそうでしたが今年の課題曲も、
とても味わい深い良い作品なので
もっと読み込んでからでないと
書くことが出来ません。

でも、1つ上げるとしたら・・・

YELLの曲の構成について

普通の曲は・・・A-B-C-
(ポップス等 )   A'-B'-C'-D-C''-C'''
などと一般的ですが、

YELLの場合、合唱曲ですから感じが違うんですね。

YELLは・・・・・・A-B-C-
         A'-『D』-C'-C"

   譜面上はA2-D-E-F

この『D』はBの雰囲気をかもしながら
別のメロディーラインになっています。

自然に こうゆう風に曲を作れるなんて、

凄いな!  と思いました。

そうすると、同じメロディーが繰り返されない所が出てきます。
そうゆう所に心惹かれたりするのですが・・・


YELLで言えば、Bの『』から始まる所。とDの同じく『』からですね。
この辺りのメロディーはとても気に入っています。

譜面か歌詞を持っていないと分からないかも知れませんね。
失礼いたしました・・・ 

著作権上、これが限界だと思います。
念のため打ち消し線も入っています。
見づらくてごめんなさい。

他のサイトではバリバリ歌詞が載っていますが、
そんな恐ろしい真似は出来ません。

===================

今日は以上です。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

| 中学校の部 『YELL(エール)』 |
2009-03-31 (Tue)
第29回

今日、Nコンの各課題曲全部で6部注文しました。
1部210円×6部+送料80円=1340円(着後振り込み)
配達に1週間前後かかるので、譜面が届いたら
いろいろやってみようと思います。
(いろいろって何だ?) 

考えます・・・

☆とりあえず各曲・各パートを歌ってみる。
  今年の各課題曲の最高音は
  ・小・・・ここから →ミ(E)
       夢の太陽→ミ(E)
  ・中・・・YELL   →ファ(F)
  ・高・・・あの空へ→ソ(G)  だと思います。

  ソプラノがこの辺りまでなら、何とか声が出るので
  歌えるかな?

=====================

では、今日のYELL(エール)のイメージです。

 ためらい

028

油絵風

| 中学校の部 『YELL(エール)』 |
2009-03-30 (Mon)
第27回

皆さんこんばんは。

いきものがかり 『YELL(エール)』のイメージを
イラストで表現してみたいと思います。

何枚か描くと思いますが、今日は最初の一枚を描いてみます。

027

最初のイメージはこんな感じかな?

ちなみに、本ではなく日記を読み返しているところです。

ん~~~  違うか~?

相変わらず雑な絵ですみません。

=====================

合唱部のみなさんへ・・・リップロールのお話。

昨年、Nコン出場校の学校紹介でいろんな練習風景を
見ましたが、リップロールをやっている場面が1つもなかった・・・
ような気がするのですが、あえて企業秘密で紹介しなかったのかな?
皆さんの学校では、リップロールの練習をやっていますか?

あの練習を取り入れるだけで、合唱の響きが変わってくると
思うのですが・・・

もったいない・・・

試しに、カテゴリの発声練習欄に『リップロール』がありますので
一度やってみてください。

いい声の響きになり、歌いやすくなると思いますよ。

良かったら参考にしてみて下さい。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

| 中学校の部 『YELL(エール)』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。