12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-03 (Fri)
第32回

皆さんこんにちは、こんばんは。

今日は、高い声の出し方 ~その3~ をやります。

高い声になるにつれ表情筋や頭内部の使い方・
意識の仕方が変化していきます。


では、図を見てください。

032

1と2は問題ないとは思います。

3は私の主観的なイメージなので、このイメージでは
上手くいかない方がいるかも知れません。
でも、1つの参考と思ってやってみて下さい。

この感覚に関しては人それぞれに違いがありますので。

====================

次に、息の使い方です。

『高い声だから息をいっぱい使わなくちゃ!』
と思う方もいると思いますが、逆効果です。

今日の音声の3番目に息の量を多くすると
どうなるかが入っていますので
後で聞いてみてください。

高音になるほど息の量が増えるのではなく、
息の使い方を変えていく感じになります。


楽な音なら顔も楽にして、青三角の範囲に広がりを
持たせながら声(息)を当てるようにすると、いい響きになります。

そして高い声になるにつれ、声(息)を当てる範囲が収束していき
鋭くなっていきます。
それと同時に腹筋や背筋も使われていきます。
そして、上の図のように顔や頭内部も変化していきます。

問題は、声(息)の当て方です。
これが出来るようになると高い声は一気に飛躍していきます。

ここが一番難しいのですが、この感覚をつかめると
喉への負担が大きく減り、響きのいい高い声が
出るようになると思います。

あと、これと違うやり方も いろいろ試してみてください。
人それぞれでやりやすい方法・出しやすい方法が
あると思うので・・・

======================

今日の音声

1・・・1オクターブ、息の出方の変化を手で確認する。

   これは、掌を広げ口の前ギリギリにもっていき
   息の出方を掌で確認するためのものです。

   低い音と高い音の 息の出方の違いを
   確認していただければ、高音になる時に
   どんな感じになるかが多少は想像出来ると思うので
   音声にしてみました。

   低いミの音から1オクターブ上のミの音を出します。
   この2つを実際に声を出して掌で確認してみてください。
   女性の方も別の音で1オクターブの変化をやってみてください。
   息の出方の変化がわかると思います。

   低い方は掌全体に息が当たりますが
   高い方になると掌の一部に息が当たると思うので
   確認してみてください。

   これを確認することでさらに高音になった時の
   息の当たる範囲が多少なりとも
   想像出来て、高い声を出す時の声(息)の当て方の
   参考になると思います。
   そして、イメージしやすくなると思います。

2・・・高い声(ラ)のロングトーン
   息の量(当て方)が適度な場合での発声です。

3・・・息の量(当て方)を途中から多く・雑にしていきます。
   すると、ひどい声になっていき
   のどを痛めてしまう という悪い例です。


聞きにくい声が出てきますので、音量を下げてからどうぞ。


[VOON] 032 高い音 息の出方 手のひら確認

ひどい声だ~・・・

こんな感じです。  
参考にしてみて下さい。

===================

あと、高い声を出した時は『2日間ほど高い声は出さないで
他の練習をしましょう!』

カラオケなどで高い声を出した時は
次の日は、キーを下げて歌いましょう。

高い声は筋トレと同じように、声帯の各筋肉を回復させないと
効果が出にくいので、負担のかかる高音では
歌わないほうがいいです。


===================

これは私が勝手に解釈したやり方なので
正しいやり方とは言いません。

1つのやり方として参考にしていただければ
いいと思っています。

あとは、これだけ記事を書いていると
以前に書いていた記事との矛盾やズレなどが
生じてくるかもしれませんが
その辺は大目に見てやってください。
(出来るだけ矛盾のないように更新したいと思っています)

長くなってしまって すみませんでした。

そして、ここまで読んでくださって ありがとうございます。

今日は、以上です。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
| 声(息)の当て方 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。