123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-29 (Sun)
第26回

皆さんこんばんは。

 今日2回目の更新です。

『リップロールのやり方の詳細と練習の順番について』 

はじめて来られた方は、カテゴリの発声練習の欄に
リップロールがありますので、一度そちらをご覧下さい。


リップロールが上手くできない方へ・・・

リップロールをやるときは、口に力を入れると唇が振動しなくなるので
口はとがらせず力を抜いて下さい。
大げさに言えば、口にまったく力を入れずに軽く口を
閉じている状態にして下さい。

そして、歯を噛んで下さい(歯を噛んでいないと上手く振動しません、
上歯と下歯の間が開いてると上手く出来ません。
リップロールのやり方の時に歯のことを書くのを
忘れてしまい申し訳ございませんでした)。

次に唇の両端から1~3センチの所を指先で軽く押してから
(唇に指が近いと振動が速く、遠くなるにつれ振動がゆっくりになります)
最後に、勢いよく息を出して下さい。 
たぶんこれで唇が大きく振動すると思います。

上手くいかない時は指の位置を変えてみたり、指の力を
調節してみてください。
押し過ぎると口が痛くなりますので注意が必要です。


=======================
3月30日午前10時 追加記事

リップロールをはじめて知った方へ・・・

リップロールは効果絶大です。
今すぐに歌う時は、歌う前にリップロールをやってみて下さい!
5分でも時間が許すならその5分間をリップロールに
当ててもいいくらいです。


ライブでもカラオケでも合唱でも!
声帯の調子が一気に良くなりますので、
高い声も出しやすくなります!

試しに、3分間! リップロールをやってから
声を出してみてください。まったく違いますから・・・

『なんていい声が出るんだろう!!!』

息だけのリップロールと声を出しながらのリップロールが
あるので、周りの迷惑になりそうな時は
息だけのリップロールをやってみてください。

リップロールのイラストと音声での解説はカテゴリの
発声練習欄→『リップロール』から、ご覧になってください。


以上、追加記事でした。
=======================

次に練習の順番です。

1・・・最初に何でもいいので簡単な軽いストレッチをやってください。
(腕を伸ばして胸を広げたり、首を回したり、前屈や体を後ろに反らしたり・・・)
   または、ラジオ体操でもいいです。
   ラジオ体操を真面目にやると結構疲れるので、体操が終わったら
   5分ほど休憩して、それから呼吸法をやってください。

2・・・呼吸法

3・・・発声練習
   1・・・リップロール  
   2・・・ハミング  
   3・・・『い』の発声  
   4・・・太い声・低い声の発声
   5・・・発声練習便利表の地声での発声  
   6・・・裏声(ファルセット)
   7・・・高い声~その2~腹筋を使う発声法


以上が基本的な練習の順番です。 この1~3の基本練習で
30~40分かかります。 が、
ちょっと長くて全部出来ない時は、
午前と午後に分けて半分ずつ行うか、
または、以下のものに絞って行いましょう。


1のストレッチ、
3-1リップロール、
3-2ハミング、
3-5地声での発声
3-7腹筋を使う発声法だけやってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記
ビブラートの方の練習内容・・・

主に次のものをやってください。
1・・・ストレッチ(体操)
2・・・呼吸法
3-1・・・リップロール
3-2・・・ハミング(第10回のほう)
3-4・・・太い声・低い声の出し方
3-7・・・腹筋スタッカートの出しやすいやり方
4・・・ビブラート 7段階法

追記は以上です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでも出来ない時はリップロールとハミングでOK!です。
この2つはどこでもやりやすいので、疲れている時は
この2つだけでいいと思います。私もそうしています。

この2つをやって、その日は休む。または、2つをやってから
歌の練習に入る。このやり方でもいいと思います。 
実際問題、毎日続けるのは大変ですから。

私の場合、2~3日やったら1~2日は休みます。
人それぞれだと思いますが、一週間に6日練習して1日休む、
5日やって2日休む、2日に1回、3日に1回

または、毎日やって休みなしという方もいますが。
声の管理が大変だと思うので、私は程よい所でのどを
休ませます。 

目標がある方はそれに合わせたピークのもっていき方が
あると思いますので、無理せずにやれば毎日でも
大丈夫だとは思います。
練習内容とその分量を調整すればいいと思います。


私の場合、高い声で無理をしてしまう時があるので、
やばいな!と思った時はすぐにやめて1日間を置くように
しています。

それと、自分にとって無理のない練習であれば毎日でも大丈夫だとは
思いますが、高い声の練習をした時は必ず
『2日間は高い声を出さないようにしましょう!』

声帯が回復するまで待ちましょう。

高い声の練習も無理のない範囲で行えば
次の日は、高い声はなしで他の練習をしても大丈夫だと思います。

でも、のどの調子が良くない時は 1~2日は完全に
休みを取りましょう。

========================

あと、その他のビブラートなどは自由に行ってください。
一応毎日やったほうが良いのですが人それぞれ
時間が制限されていたり声を出す場所がなかったりなど、
いろいろなので基本練習以外のところは
出来る範囲で、ということになります。

カテゴリの方も、一応順番通りに変えておいたので
上から順にやってみてください。

また後から他の練習を追加するかもしれませんが
その時は練習順にカテゴリを調整しておきますので。
上から順のやり方で行ってください。

あとは、自分のペースで練習の分量を調整して
やってみてください。
スポンサーサイト
| リップロールと練習の順番 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。