12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-21 (Sun)
今日は、先日言っていた『ビブラート関連動画』です!

ということで、見たくない人は絶対に見ないで下さい!!
(気分を害する映像かもしれないので・・・)


私は自分の上咽頭の映像なので大丈夫なのですが・・・


それよりも、この映像!!

『へぇ~!! 喉の上ってこうなってるんだ!!』

『ん~~~ 新発見!!』
 
 という驚きでいっぱい!!

「口の奥と鼻の奥」の間の部分開閉する!!!

『人の体ってよくできてるな~~~ 』

この映像に感心してばっかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

因みに、今度は歯ブラシカメラを上向きにして撮っています。
(あたり前のことですが・・・)

それでもって口蓋垂がカメラに近すぎるため
カメラを舌に押し付けて撮っています。

そのため まともな発声ではありません。
ビブラートも無理やりに、強制的にかけているので
かなり不自然に聞こえます・・・

相変わらず ひどい声です。
(その辺は ご勘弁を)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この動画が少しでも発声の参考になれば幸いです!

では、↓下のほうに行ってご覧下さい。


再度注意!! 気分を害するかもしれないので見たくない人は見ないで下さい!!


















もう少し下です↓




















いかがでしたでしょうか?



ビブラートをかけると上咽頭も揺れますね。

つまり、ビブラートをかけると
咽頭(鼻の奥から声帯の手前辺りまで)や喉頭(声帯周辺)などが揺れます。
思っていたより広範囲で揺れることが分かります。

・・・・・・・・・・・・・・・

追記『平成23年12月18日』

コールミント様へ、 
ブログには、あまりアップしていない私の歌声です。

雑な歌い方でお聞き苦しいかもしれませんが・・・
良かったら聴いてください。
(オペラ練習時、生オーケストラ入り)


[VOON] オペラ 練習音声 帝(みかど)役 mp3


・・・・・・・・・・・・


今日はここまでです。

ではまた!

スポンサーサイト
| ビブラート 喉の中の様子 |
2010-11-17 (Wed)
皆さん、お久しぶりです!

ようやく youtube デビューです!


初回は、私の歌ではなく
『ビブラートをかけた時の声帯や喉の様子』の動画です。
(歯ブラシタイプのカメラを買ったので、それで自分の口の中を撮りました!
喉の奥にカメラを突っ込んだので発声自体は良くありません。ごめんなさい!
ためしに、歯ブラシを喉の奥に入れて発声すると
この難しさがお分かりになるかと思います・・・)


ビブラートをかけたい人にとっては、とても参考になると思うのですが・・・

喉の内部の動画なので


見たくない方は絶対に見ないで下さい!!

(気分を害する恐れがあるかも知れないので・・・)

また、徐々に声(音量)が大きくなるので音量を下げてください!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ビブラートのかけ方について いろいろあると思いますが、

基本的に『喉』がポイントです!!

「えっ!!!」 と、思われるかもしれませんが
コントロールするポイントは『喉』です!!

『横隔膜でかけるビブラート?』など、いろいろあるようですが・・・

喉のコントロールなしにビブラートをかけるのは難しいと思います。
(ポイントは喉ですが、もちろん お腹からの声(腹式発声)が前提です!)

注意! 一般的に言われる 『喉ビブ』 ではありません。


詳細を述べるよりも、百聞は一見に如かず!

では、見たい方は↓下の方をご覧ください。

















途中から↑音が大きくなるので音量を下げてください!!



いかがでしたでしょうか?

思った以上に、喉&その周辺の筋肉は動くものです!
それも広範囲です!

この他にも、ビブラートに関連する動画を撮ったので後日アップします。

おそらく、ほとんど目にした事がない映像だと思います。

それを撮った私も、

『こんな風になってるんだ~!!』と驚きました。

でも、見たくない方は絶対に見ないで下さい!!(次回記事)

(私は、自分の内部の映像なので平気でしたが・・・)

医学に興味のある方なら、その映像も大丈夫だと思いますが。。。





因みに、この映像を撮ったカメラです↓

虫歯予防にMIHARUで健康管理「見歯るくん」の上位機種 口腔内内視鏡カメラ 歯科用マイクロスコープ虫歯予防にMIHARUで健康管理「見歯るくん」の上位機種 口腔内内視鏡カメラ 歯科用マイクロスコープ
()
不明

商品詳細を見る


| ビブラート 喉の中の様子 |
2009-11-08 (Sun)
第122回 

皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

今日は、『ビブラートの本当の練習方法?』をやりたいと思います。
あと、『ノン・ビブラート』についても・・・  (今日は長文ですよ!)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


みなさんもビブラートについては いろんなサイトを見てこられたと思うのですが、

『こうやれば確実にビブラートはできます!』というものには辿りつけなかったと思います。

たぶん、どのサイトを見ても同じようなことが書かれていると思います。
私のブログでも・・・

なぜかといえば、『自然なビブラート』ができる人で
ビブラートのかけ方を教えている人の大半は
いつの間にか自然とビブラートができるように ”なっちゃった” 
人達ばかり だからです。

習得の期間はさまざまでも、歌の練習を継続しているうちに自然と身に付いたので
具体的なやり方に沿ってビブラートを身に付けた訳ではないと思います。
(私も自然なビブラートかどうか分かりませんが、その部類に入ります)


なので、『ビブラートの練習方法』について検索すると
以下のようなものが出てくると思います。


------------------------------

①音を上下に揺らしてかける。

私のブログではこれ!
ビブラートを体感する方法としてはいいと思っています。
お勧めです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②音の強弱だけでかける。

これは同じ音程で、音を大きくしたり小さくしたりすること。 
音の”強弱だけ”のビブラート? ・・・私にはできません。
なので、お勧めしません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③横隔膜でかける。

ビブラートをかけているときに横隔膜が動いている、いや、
動かされているとは思いますが 正直、ここに重点を置いた練習法で
自然なビブラートをかけられるようになった人は・・・少ないと思います。
(横隔膜に重点を置いて練習したことがないので、ただの憶測ですが・・・)

逆に横隔膜を意識することで、ビブラートをかけにくくしてしまうかもしれません。
なので、お勧めしません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
        
④喉でかける?口でかける?(ちりめんビブラート?)。 

小刻みで速い印象。
確かに音は揺れますが、自然なビブラートとは言えません。
(カラオケの得点upには貢献できるようですが・・・)
なので、お勧めしません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑤ 歌うための基礎(腹式呼吸など)をしっかりと身に付ける。

腹式呼吸、腹式発声・・・
(ほとんどのサイトで、腹式呼吸という言い方をされますが
私は、あえて腹式発声と表現します!
言いたいことは同じですが・・・ イメージの問題です)

私は、これが一番大切だと思います!
ブログでもビブラートをかけるために
『歌うための基礎(腹式発声)がある程度出来ていること』を条件としています。        
(7段階法に記載)
一番のお勧めです!


===================

まだ他にも、やり方はありますが
目立つ所だけ挙げてみました。

なぜこのようなやり方があるのかというと、
先ほども言ったように、大半の方は『ビブラートはこの方法』といったような
『具体的な方法』でビブラートを習得されたわけではないからです。

つまり・・・

後から、いろいろと考えたり調べたり、自分で実践してみたりして
ビブラートをかける方法を編み出すわけです。

私もそうしているので、そういうことだと思います。
(7段階法、わんわん、大きく揺らすなど・・・ 
 無い知恵絞っていま~す!)

おそらく、『こんな感じの方法なら参考になるのでは・・・』 と、
いろんな人が考えるので、いろんな方法が出てくるのでしょう。

でも、ビブラートができる人のほとんどは
『しっかりとした練習を続けていれば
そのうちビブラートは勝手にかかるようになる』
と思っているはずです。


結論・・・

やはり、ビブラートをかけたいと思うのであれば
上の⑤(腹式発声など)に重点を置いて、①や私のブログで紹介している
ビブラートのかけ方などを1つのヒントとしてやったほうがいいと思います。

あとは、好きなアーティストのビブラートを真似てください。
『真似る』というところに『意識を置く』ことはとても大切です。
私も、そうしてきましたから・・・

いろんなジャンル、いろんなアーティストの真似をすると
声の出方も柔軟になってきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記 (練習方法を入れるの忘れました・・・失礼しました。
       下にあるコメントの2つ目と重複しています・・・)

では早速・・・

ビブラートは腹式発声など、歌うための基礎を体に身に付けていかないと
自然に出てくるようにはならないので、以下の方法を実践してみて下さい。


練習方法は、カテゴリの発声練習から一度、『リップロールと練習の順番』をご覧ください。

その記事の中ほどから練習の順番がありますので、そこから下の記事をご覧ください。



主にやってもらいたいもの・・・

最初にストレッチ(または体操)

次に、カテゴリの発声練習から 
①『呼吸法』、②『リップロール』、③『ハミング(第10回のほう)』、
④『太い声・低い声の出し方』

そして、カテゴリの高い声から  
⑤『腹筋スタッカート出しやすいやり方』


ビブラートの練習としてカテゴリのビブラートから、 
⑥『ビブラート7段階法』をやってみてください。

あと、欲を言えばハミングのロングトーンですね。
『んーーー』と15秒ほどのものを、間に休みを入れて
5回くらい(2~3分ほど)やってみましょう。
上の③『ハミング』の前にやってみてください。

歌の練習は、ストレッチ~①~⑥が終わってからやってください。

他にも、いろんな練習方法があると思いますが、私のブログ記事中で
やってもらいたいのは主に今挙げたものなどです。

歌うための基礎を作るのに効果があるので是非やってみてください。


自分のペースで、できる範囲で、無理の無いように行ってください。


追記は以上です。

===================

話をちょっと変えて・・・

ビブラートとノン・ビブラートについて私が思っていること。



ビブラートをかけられる人の大半は
数ヶ月~数年(普通は数年かかると思います)
練習を継続しているうちに自然にかかるようになります。

なぜ『自然に』なのか?

これは、あくまでも私の勝手な解釈ですが (またですか?)

腹式発声がある程度しっかりとできるようになって、
それプラス、
『声を開放させること(余計な力を抜くこと)』 
ができるようになると

『自然にビブラートがかかるようになるのではないのか?』
と思います。(経験上)


自分ではビブラートを”かける時やかけない時”に、こう感じます。

ビブラートをかける時は → 『声を開放している状態』

ビブラートをかけない時は → 『声を制御している状態』
(ノン・ビブラート)

こんな風に感じたりします。

ビブラートがまだ上手くできない人にとっては、
この逆のパターンが一般的だと思われますが・・・
私はこのように感じます。


一番これを感じる時は『発声練習の時』です。

よく 『まーめーみーもーむー』などの練習をしますが
最後の音を伸ばす時にビブラートをかけたりします。

なぜか? 

『そのほうが楽だからです!』

まっすぐな音(ノン・ビブラート)で伸ばすよりも
ぜんぜん楽だからです。
ビブラートをかけないで、まっすぐな音で伸ばす時は
気を入れて、お腹で声を支え、しっかりと頭で響かせないと
安定した声が出ません。

まっすぐな音(ノン・ビブラート)と比べると
ビブラートは音程の誤魔化しが利くのでとても楽です。
安定感があり しかも上手く聞こえる。


ちょっと大きく3つに分けてみます・・・

①(ある程度の技術を得ているので)楽+安定感があり上手く聞こえる=(一般的な)ビブラート
(技術・・・物事をうまく行う技)

※ でも、『本当にきれいなビブラート』を出そうとすると(私のレベルでは)楽ではありません。
   本当にきれいなビブラートはなかなか出せるものではないので・・・

②(高度な技術を得ているので)楽+絶対的安定感+上手いを飛び越えて『すごい!』 =
美しいビブラート、美しいノン・ビブラート


③楽じゃない+不安定で下手に聞こえる=(ビブラートに逃げてしまう人の)ノン・ビブラート
                            ↑私です。逃げまくってます!

ブログの最初の方で、発声練習の音声(VOON)に私の声を入れたものがありますが
お聞きになると分かりますが、あのような悲惨な声になります。
(不安定で下手に聞こえる、しかも辛い・・・)

いかにノン・ビブラートの発声が難しいことなのかが
わかると思います。


でも、本当に発声がしっかりした人の(きれいな)ノン・ビブラートでの歌声は
多くの人を魅了します。 (私もこうなりたいです・・・  遠い遠い・・・ )
(魅了(みりょう)・・・人の心をひきつけて夢中にさせること)

ノン・ビブラートの代表的なアーティストは

なんと言っても『小田和正』さんでしょう。

小田さんの場合は、それプラスアルファー的なもを持っていると思いますが。

他には・・・ 来生たかおさん(来生さんの声は大好きです!)
        鈴木トオルさん(鈴木さんの高音は物凄いです!憧れます!) 

ちなみに、ノン・ビブラートのアーティストもビブラートはかけられると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

このノン・ビブラートについて検索してみたのですが

やはり、『ビブラートよりもノン・ビブラートのほうが難しい!』
と言われる方のほうが圧倒的に多くいらっしゃいました。


=========

最後に・・・

『私もノン・ビブラートで
きれいに歌ってみたいです!!』


物凄く長文になってしまいましたが、
この辺で失礼します。

ここまでお付き合いくださいまして
本当にありがとうございました!

ではまた。


・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

応援クリック後は・・・

こちらから→『リップロールと練習の順番』に行けますので どうぞ!


| ビブラートが かからない方へ |
2009-10-31 (Sat)
第117回

皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

今日は、ビブラートを実際に見てみましょう!

『ビブラートを見るって? なに?』

となりますが・・・


私が以前購入した『sswLite4.0』というソフトに
ピッチスコープというものがあります。

これで声のピッチの流れをリアルタイムで見る事ができます。


正直、ピッチを安定させることはとても大変なことです。
私も自分の音程については、まだまだです!
ピアノで音をとっても、実際にその音を発声してみると
音程が下がっていたりします。
(このことについては後日掘り下げて記事にする予定です)

自分の声がどのように発せられているのか?
発声自体にどんな癖があるのか? など、

このピッチスコープで確認してみると
自分の声の様子がよく分かります。


フリーソフトなどで同じようなものを探してみたのですが
このピッチスコープと同様のものは見つけられませんでした。
でも、これに似た感じのいいフリーソフトを見つけたので
次回紹介しますね。


動画内容・・・

hiA(ラ)が2回入っています。(今日はこれだけです)

初めはストレート→途中からビブラートをかけています。
1回目は、甘めに成功例・・・
2回目は、出だしの音程が上がりきっていないので失敗例です。

ビブラートはhiA(ラ)を中心に上下に規則的に揺れているのが
分かると思います。
(細かく言うとかなり乱れています。
本当はもっときれいに、なめらかに揺れるといいのですが・・・)

では、とても短い動画ですがご覧ください。
(音が大きいので音量を下げてください)

[高画質で再生]

ビブラートをピッチスコープで見てみましょう!

[広告] VPS

こんな感じです。

なんてことはない動画ですが、このような動画を他のサイトで
見たことがないので載せてみました。

今後は、高速ビブラートやオペラのビブラートなど、いろんなビブラートを
お送りしようかな? と思っています。
(見なくても想像はつくと思いますが・・・ 
ほんの少しは参考になるかもしれないので・・・ )

参考までに・・・

         ↓これにピッチスコープが入っています。


Singer Song Writer Lite 4.0 for WindowsSinger Song Writer Lite 4.0 for Windows
(2002/05/17)
Windows

商品詳細を見る


↓こちらは去年出た最新版
  (おそらく、これにもあると思います。たぶん・・・)

  ちなみに、アカデミック版とは・・・
  学生や教職員さんなどが安価で購入できるものらしいです。
  (1万円未満だったかな?)


Singer Song Writer Lite 6.0 for Windows アカデミックSinger Song Writer Lite 6.0 for Windows アカデミック
(2008/11/05)
Windows

商品詳細を見る


今日は以上です、ではまた。

ランキングに参加しています。


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

| ビブラートの動画です! |
2009-07-17 (Fri)
第112回

皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

今日はビブラートの動画です。

以前のものよりちょっとだけ画面が小さいので見づらいかもしれませんが
ご了承ください。(大きくしたいときは↓下の動画バーから大画面にしてください)


口を開けて明かりを取り込み(←これがけっこう難しい!暗くなりやすい)
撮影するのに かなりてこずります。

ビデオカメラをお持ちの方は、一度やってみてください。
実際にやると、発声しにくく録りにくいことが分かります。

でも、自分の口の中の様子が分かるので ちょっとした発見ができるかもしれません。
私も自分の口の中の映像を見たときに


『へ~  こんな感じに動くんだ!?』 と、

ちょっと新しい情報を発見した感じがしました。


では、ビブラート動画です。

ビブラート

[広告] VPS

動画操作バー

ビブラートも口の奥の揺れ方に変化が見られます。

一度 手鏡などで口の中を確認してみてください。
ビブラートをかけたときの喉などの様子はどうですか?


今日は以上です。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
| ビブラートの動画です! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。