123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-07 (Thu)
第71回

皆さんこんにちは、こんばんは。

更新が遅くなってしまいましたが・・・

やはり、あまり注目されていない 『裏声に本当の・・・』 かな?

と考えています。


   『なんだそれは!!それだけじゃ分からないじゃないか!!』

と、返ってきそうですね・・・   失礼しました。

================
フレンドパークを見てから、また追加記事を書きますね!

今日は、フィギュア(スケート)SPです!

ではまた・・・

================
追加記事
フレパ・・・面白かったです。 それはいいとして・・・

裏声です! 裏声。 後日、この辺りを掘り下げてやってみようと思います。

音声と図説のほうも気合を入れてやってみます!

『譜面』のほうは9日(土)からやりますね!


スポンサーサイト
| 裏声の重要性 |
2009-03-24 (Tue)
第19回

皆さんこんにちは・こんばんは。

リップロールやっていますか? 良い響きが感じられればOK!です。

では、本日は裏声(ファルセット)の重要性に迫りたいと思います。

ほとんどの方がこの裏声について、あまり意識しないで
歌われていると思います。

『当たり前だ! そんなに使う機会がないじゃないか!』
 と言う声が聞こえそうですが・・・

実際に裏声だけで歌う所は、あってもほんの少しだと思います。
でも、ある程度の高い声でやってみると良く分かるのですが
裏声は高い地声の中に隠れています(私の勝手な解釈です)。

試しに発声してみますね。

やり方は裏声を出した後に腹筋を使って地声
の響きにもっていきます。

裏声から→地声で『ウ~』と『ハァ~』をやります。

それでは聴いてみてください。


[VOON] 019 裏声→地声

いかがでしたか?

上手く出来たような出来ないような・・・
なんとなく分かって頂ければいいのですが・・・

裏声が出る方は試しにやってみても結構ですが、
このやり方は上手くやらないとのどを痛めやすいので
あまりお勧めいたしません。
やる必要性もないので・・・

音声で理解してもらうためにやっただけなので
このやり方はあまり真似しない方がいいと思います。

高い声を出す時の元の状態は裏声を出す時の状態になります。
そこに腹筋を使って高い声を出す。

だから 『裏声がきれいに出ないと高い声も
きれいに出ない』 と言うことになります。
私も何年も前に歌の上手い知人から教えてもらいました。

今は、歌を教えている、いろんな方々も似たような意見を持つみたいです。

という訳で、裏声をきれいに出す練習をしましょう!

高い声を出したい方は特に裏声の練習が必要です。
でも無理のない程度にやってください。

裏声で無理に高音ばかりやると、のどを締め付け
のどを痛めてしまうので、まずは楽に出る裏声を
きれいに出せるようにしてください。

それから少しずつ高音の練習をしましょう。

第15回(3月20日)の練習方法を参考にしてみて下さい。
その練習でも高い方が出しづらい時は
無理せずに楽な所までの練習にしましょう。
まずは楽な所での練習をしっかりやることが大切です。


慣れないうちに高い方をやり続けると
歌う時に声が枯れて普通に歌えなくなりますので
注意が必要です。

裏声が上手く出せない方の裏声の出し方は、
また後日にやりたいと思います。

今日の昼頃に来てくださった方へ・・・
音声(VOON)のリニューアルに時間がかかり、
大変ご迷惑をおかけいたしました。
この場を借りてお詫び申し上げます。


ではまた。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

| 裏声の重要性 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。