123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-23 (Mon)
第18回

皆さんこんにちは・こんばんは。

リップロールはいかがでしたか?

昨日の記事にちょっとだけ追加記事を載せたので
後で見に行ってください・・・

で、今日は呼吸法をやります。 

一般的に呼吸法といえば丹田呼吸や腹式呼吸などです。
他には、完全呼吸・ハタ呼吸・火の呼吸・バストリカなどなど・・・
いろいろありますが、やはり腹式呼吸をやりましょう。

腹式呼吸のメリットは意識的に横隔膜を動かすことによる内臓の
リラックス効果、冷え性や便秘などにも効果があり、一番
のメリットが、ドーパミン(快)やノルアドレナリン(不快)の両方を
抑制してくれる『セロトニン神経を活性化させてくれる』効果がある
と言うことです。

基本的に横隔膜は不随意筋なので意識しなくても動き続けますが
(無意識に呼吸が出来ることで理解できると思います)
腹筋は意識しないと動かすことが出来ません。

その腹筋を意識しながら呼吸を行うことにより
(今度は腹筋を意識することにより横隔膜を意識的に動かします)
セロトニン神経が活性化され、平常心(気持ちが安定する)が得られる
ということです。

簡単に言えば、歌う時に気持ちが安定していないと
うまく歌えなくなる、それをセロトニン神経が活性化されることにより
気持ちが安定してくるので、いつものように歌うことが出来る。

ということです。

ちょっと専門的な言葉を使ってみました。
個人的には大雑把な言い方が好きなのですが・・・

ちょっと知ってる振りをしたまでです・・・本当は大して知りません・・・
米粒ほどのヨガの知識があるだけです。
20冊ぐらい本はありますが、いわゆる積読(つんどく)状態です。

でも、ヨガは体にも心にも『歌』にも良いのでまたやるかもしれません。

では、腹式呼吸のやり方を簡単に説明します。
誰でも知っていることを述べるだけなので
今日はここで、さよならされてもいいですよ。

まず仰向けになり膝を立て(楽に膝が立つぐらい)両手をおへその
(お腹)の上に置きます。

それから意識をお腹に集中して、軽くお腹を押しながら鼻から息を吐きます
(口からではありません)。
息を吐く時は出来るだけゆっくりと吐いてください。
(難しければ口をウの状態にして吐いてもかまいません)

そして、吐いたら今度はお腹を膨らませるように、
鼻から息を吸います。お腹でバルーンが膨らむイメージを持ちましょう。
吸いきったところで息を止め5つ数えます。

数え終わったらまたゆっくり吐いて下さい。
これの繰り返しです。


これを無理のない回数でやってください。
最初から長くやってしまうと、慣れていないので途中で苦しくなり
日々の継続が難しくなってきます。

無理なくやれる回数で良いので、最初は2~3回でもかまいません
徐々に回数を増やしていきましょう。

私は3~5分位でいつも終わりにします。気持ちが落ち着くだけで
十分だと思っています・・・

スポンサーサイト
| 呼吸法 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。