12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-21 (Sat)
第16回

皆さん、こんにちは・こんばんは。

ミックスボイスという言葉がありますが私はここ最近まで
知りませんでした。

初めて目にした時は大方の見当は付きましたが、
へ~、そんな風な言葉があるんだね・・・
ぜんぜん知らなかった・・・

おまけに、ヘッドボイス・チェストボイス・・・ほ~・・・
何ですかそれは? というありさまです。

検索して調べると、『簡単に言えば地声と裏声を混ぜることです。』
などと書いてあったので、  ・・・要するにチェンジのことか?・・・

私の場合高い声が出なかった頃に、よく『ラからのチェンジが難しいよね!』
などと友達と言っていました。

チェンジとミックスボイス・・・・・・

ミックスボイスというイメージで高音を出したことがないので、
多少違和感を持ちましたが、それが今は一般的なのですね。

という訳で、ミックスボイスってどうやればいいの?
という質問が、検索などで結構目に付くので
今日は、そのミックスボイスについてやろうと思います。

でも私の場合『チェンジ』の方がしっくりくるので
チェンジの説明をしたいと思います。

おそらくチェンジもミックスボイスもあまり変わらないと思うので・・・
違いと言えば、イメージの仕方になります。

下の図をご覧下さい。

016

また、ごちゃごちゃした図ですみません。

チェンジのイメージは車です。車のギアチェンジです。

図の1~3速はオートマ車で自然とギアがチェンジします。
そして3速のイエローからレッドが大きな壁となります。

ここを、どうにかしたい方がほとんどです。
ラシドレの高音の曲がたくさんあるので苦労が耐えませんね。
以前は、ラで十分かっこいいと思えたのに・・・
今これらの曲をカラオケなどで歌う方は大変だと思います。
頑張ってくださいね。

では本題に戻りましょう。

このソラシドなどを出す時に3速のままで出そうとする方が
ほとんどです。なのでイエローやレッドの範囲を歌い続けると
のどを痛め声を枯らしてしまいます。

ではどうすれば良いのか? 
図を見てお分かりの通り、体を4速にしなければなりません。
例えば、ラを出す前に体の状態が4速に入っていないと
楽にラを出すことが出来ないのです。

私も以前、高音続きで最後の最後に
hiC(ド)のロングトーンが待ち構えている曲を歌ったことがあるのですが
とどめがhiC(ド)なのでひっくり返ったり、汚かったりでなかなか
うまく出せませんでした。

でもその時に、ものすごく歌のうまい方にアドバイスを頂き
なんとかhiC(ド)を出すことが出来ました。

それは、『ドを出す前からドを出す状態でいないと出るものも出ないよ!』
と言うことでした。

ですから、4速にギアをチェンジしなければなりません。
(先ほどの例を厳密に言えば5速にしなければドは出ないのですが・・・)
じゃあこの4速にするにはどうすれば良いのか?となりますが、その前に

4速の体を作らなければなりません。 じゃあその作り方は?  それは、

やはり基礎練習です。腹式呼吸・ある程度の腹筋背筋・各発声練習
などです。これを避けては、4速の体はなかなか手に入りません。

先日やった頭内部の意識は、この基礎練習がベースになければ
うまく出るようにはなりません。

あと、ミックスボイスですが、地声と裏声を混ぜるということで
出したい音が裏声できれいにしっかりと出せるようでなければ
出ないと思います。

おそらく裏声は出せばそれなりに出るから・・・と
裏声の練習をおろそかにしている方が多いと思います。
意外と高い方の『ラシドレ~』がきついのです。やってみて下さい。
きれいな音で出なければミックス自体がうまくいきません。

ちょっと手厳しいですが、私も今書いている事を自分自身にも
言い聞かせながら精進していきたいと思います。

偉そうに書いてるけど、自分は未熟者なので・・・

長くなってしまって、すみませんでした。

ちなみに緑の神の範囲は、どの音も楽にきれいに魅力的に
出せる人です。
あまり、お目にかかったことはありませんが・・・

この図は私の主観的な、おおよそのイメージなので
『これはおかしいだろう?』と思う方がいて当たり前だと思っています。

人それぞれの感じ方や考え方があるので、おかしい?と思って
いただいてもOK!です。

ただ、1つの考え方として参考にしていただければ良いと思っています。

とりあえず、今日も音声を用意したので聴いてみてください。

図にある2速目(ド~ド~ミ)→3速目(ド~ラ)→4速目(ソ~ド(hiC))→
5速目の参考として、第1回に歌った『桜咲く春の空は』を3パターンで
歌っています。

はじめに普通に→次に1オクターブ上げて→最後に
さらにそこから3つキーを上げて(hiEまで)歌っています。
かなり癖のある歌い方になってしまいましたが、参考資料として
聴いてみてください。

音が大きいかもしれないので、音量を下げてからお聴きください。


[VOON] ギアチェンジ と 桜咲く春の空は でhiE(ミ)
↓良かったら ポチッと!お願いいたします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追加記事(6月3日)
高い声について・・・小田和正さんやSalyuさんの記事も参考にしてみて下さい。

スポンサーサイト
| ミックスボイス ギアチェンジ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。