123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-06 (Tue)
皆さんこんにちは、今晩は、おはようございます。

久々に歌の記事を書きます。
(本当に久しぶりだ・・・)

では。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歌う時の発声について・・・

私の場合 たまに発声がいい加減になってしまう時があります。
(いつものことかもしれない・・・)

そんな時は、歌のメロディーを一音一音 
丁寧にピアノ(キーボードやギターなどでも)で合わせるようにしています。

この『ひとつの音』を丁寧に発声できるかどうかで
歌声はガラリと変わります!

『あなたに~♪(ソラドシ~♪)』などのメロディーなら

(ピアノでゆっくりと音をとりながら・・・)
あー(ソ~)、 あー、 あーーー、あーーー、
 あーーーーなーーーーたーーーーにーーーー♪ 
(ソーーーーラーーーードーーーーシーーーー♪)


この時、音の響きや言葉の明確さをしっかりと正していきます。
(表情筋もしっかり意識しましょう!)

そして、スローテンポでメロディーを丁寧に『発声』します。
それから徐々にテンポを上げていって元の速さまで戻していきます。

ポイントとなるのは、

『ピアノ(楽器等)の一音をしっかりと聴いて(聴きながら)声を出すことです!』
(ひとつの音を聴きながら声を出すと 思った以上にしっかりとした声が出ます!
もちろん音への集中が必要です!)

これで音程はもちろんのこと、声の響きや滑舌が前より良くなるはずです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は半音下から発声する癖があるので気付いた時は
上の様にして直していきます。


半音下からの発声・・・ 

ポップスではよくある歌い方です。
譜面上の『シ』の音ならば→『シ♭→シ』と 
シの半音下の『シ♭』から発声して→譜面上の『シ』の音に上げ直す歌い方です。

普段はそれほど気にならないのですが、オペラの練習に行くと
周りの人たちに 『その歌い方変だよ・・・』とよく言われます。
(まったくごもっともの事で・・・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事の内容は、当たり前のようなことかもしれませんが

当たり前のことって 結構いい加減にやってしまうことが多い・・・
(私の過去の経験から・・・)

なので、あえて記事にしてみました。

でも、これをしっかりやると歌う時の発声が本当に良くなっていきますので
よかったらやってみてください。

それではまた。


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 一つ一つの音を大切に・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。