12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-09 (Wed)
第130回

『家で歌の練習がしたい時はこれ!!』~その3~ をやります。

今回は『防音対策』です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、早速・・・

通常、防音室などを購入した場合 平気で70~80万円以上かかります。(恐ろしい!!)

とてもじゃないけど無理です。

でも、身の回りの 『ある物』と『ある物』を組み合わせると
ちょっと【感動するくらい!】の防音効果が得られます。

おそらくこれで、近所や家族に迷惑をかけずに声が出せると思います。

是非、お試しください!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、その『ある物』の1つ目から紹介します。

それは・・・

皆さんのご家庭にある『枕』です!



(な~んだ、そんなことか・・・)


そう!そんなことです!

ただ、枕といっても いろんな種類があります。

私がご紹介する枕は『低反発枕(まくら)』です!

普通の枕と低反発枕とでは どれくらい防音の差があるのか調べてみました。

では、実験結果をご覧ください。(画像と音声があります)


↓下の画像は『口に枕を当てていない時と当てた時』の音量の違いを表示したものです。

これは音声を録音した時のウェーブ画像なので
左から→右に録音された結果を表示しています。

下の画面中央の黒い線の左側が普通の枕で、右側が低反発枕です。

画像の下に音声がありますので、音声を聴きながら見てください。



枕で防音


声が大きいので音量を下げてください。

[VOON] 枕で防音ssm

いかがでしたでしょうか? (ひどい声だ! 聞くに堪えない!!! 失礼いたしました。。。)

とりあえず、1つ目はこんな感じです。

低反発枕だけでも かなりの防音効果はあるのですが・・・

まだこれだけでは甘い!!

一応、低反発枕とはどんなものなのか? ご存じない方もいらっしゃると思うので
参考程度に下に載せておきました。
これは少し値段が高めなので、欲しい方はお近くの激安店などで
お手ごろな物を求めたほうがいいかもしれません。

因みに、私の使っている低反発枕は1,500円程度のものです。


スウィートスリーパー 低反発枕スウィートスリーパー 低反発枕
()
プライム

商品詳細を見る


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、続いて2つ目に参ります。

その2つ目とは!




『タオル!!』です!!



(タオル?・・・)



そう! タオルです。 これは、普通のタオルです。

・・・・・・・・・・・・・・・

低反発枕と合わせる前に、タオルだけのやり方を先に説明します。

ここでは、ハンドタオル(1枚)と普通のタオル(2枚)を使います。

↓やり方の画像を用意したので ご覧ください。


130-1

130-2

130-3

130-4

このようにタオルを重ねたら両手で口を包むようにタオルを押し当ててください。
(鼻は息ができるようにタオルの外側へ少し出してください)


タオルだけなら、いつでもどこでも手軽にできますので
バックなどに、ハンドタオル(1枚)と普通のタオル(2枚)を入れて
好きなところで声を出しましょう。
(これはすぐにできますので やってみてください!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さあ!それでは、この2つを合わせます!

この低反発枕とタオルを合わせることで
思った以上の『防音効果』を得ることができます!!

では、合わせた状態の画像です。

130-5
ここではタオルの上に『ハンドタオル』がありませんが、
乗せても乗せなくてもどちらでもOK!です。

ただ、皆さんの家の環境に応じてタオルを増やしたり減らしたりしてください。

タオルを増やすことで防音効果は増しますが、その分、息が少し出しづらくなってきます。
低反発枕とタオル2枚でなら、息の出しづらさは さほど感じないと思います。

因みに、この音声は録っていないのでご勘弁を・・・

上の低反発枕だけの音声よりも音量は確実に下がりますので・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この2つを組み合わせることで、かなりの防音効果が期待できますので
是非、やってみてください!!

まずは、防音効果の確認のため家族や友人などに手伝ってもらって
普通に声を出している時と、『枕とタオル』を使ってやった時の音量の差を
確認してみて下さい。

(自分の部屋で声を出してみて、別の部屋で誰かに聴いてもらうなど・・・)

思った以上の効果が期待できると思いますので。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は以上です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓良かったら、ポチッと!お願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 家で声を出したい時はこれです! |
2009-12-08 (Tue)
第129回

皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

(今日も、昨日の続きのようなものです・・・)

家で練習する時に、できるだけ音量を抑えて行える練習方法です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は『裏声ハミング』をやりました。

で、今日は『裏声ハミング』の前にやる練習なのですが・・・

ハミングの前といえば・・・


そう!


『リップロール』です!


このリップロールは声を出さなくてもできるので 
是非、『裏声ハミング』の前にやってみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


では早速、『声を交えていないリップロール』を聴いて下さい。
(あまり耳障りの良いものではないので、聞きたくない方、そして
 食事中の方は聞かない方がいいと思います)


音声では、分かりやすいように
『声を交えたリップロール』と
『声を交えていないリップロール』が交互に出てきます。
最後は、声を交えていないほうのリップロールのロングトーンです。

そしてあと1つ『タングトリル』のほうも入れておきました。
タングトリルは息漏れが多いのでやりづらいかと思いますが
頑張ってやってみましょう。
(できることは何でもやっておきたい方のために・・・)

ではどうぞ!



[VOON] リップロール タングトリル m

いかがでしたでしょうか?

このリップロールも慣れてくれば、指を使わなくてもできるようになってきます。


※ 詳しいリップロールのやり方は こちらからどうぞ!→『リップロール』

今日は以上です!

(おっ、 はや!  いつもこれくらいだと楽なんですが・・・)

良かったら、ポチッと!応援お願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
| 家で声を出したい時はこれです! |
2009-12-07 (Mon)
第128回

皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

今週は4~5日休みたいと思うのですが、私のブログファイルに以前更新できなかった
記事がいくつかあるので、私が休みの間はその記事を更新したいと思います。
(結局、更新するからいつもと変わらないですね・・・)

では早速いってみましょう!


今日は、『家で声を出したい時!』のある方法を、
お送りしようかと思います。


通常、発声練習をする時や歌を歌う時は、自宅(家)かカラオケかスタジオなどになります。
でも、カラオケやスタジオなどへ頻繁に行くにはお金がかかりすぎます。
できれば自宅(家)で声を出せるならそのほうがベスト・・・

でも、自宅(家)では家族に迷惑がかかる・・・

また、アパートやマンションに住んでいる方も近所迷惑になるので
普通に家の中で歌うことはなかなかできない・・・

でも、声を出さないと喉が鈍ってしまう・・・

そんなこんなで、いざ歌う時にうまく声が出ない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、大半の方が経験していることだと思います。

なので、そんな時に多少なりとも声を出せて、練習できる方法を考えたので
よかったら参考にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日ご紹介する練習方法は、『裏声ハミング』という練習法です。

やっていただければ分かると思いますが、

圧倒的に、『音量が小さい』

普通のハミングと比べてみても、普通の裏声と比べてみても

かなり小さいことが分かると思います。

なので、普通に声が出せない時はこの『裏声ハミング』で練習しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

やり方はいたって簡単なので、すぐにできると思います。

先日更新した『限定公開』記事用の図や音声を使いますね。

まずは下の図を見てください。(響きの位置とありますが、あくまでも私のイメージです)


128
この図の、ブルーのところが『裏声ハミング』の響きの位置です。

では、やり方です。

ハミングは私の分け方ですと、こんな風に分けられます。

1・・・ 口を閉じるだけのハミング

2・・・ 舌の奥で喉を塞ぐだけのハミング(鏡を見てやると分かりやすいです)

A・・・ 普通の(地声の)ハミング

B・・・ 裏声のハミング

この4つなのですが、ここで使いたいのが

2-Bです!

つまり、『舌の奥で喉を塞ぐだけの裏声のハミング』となります。
(この時、口は開けてください。そのほうがやりやすいです!)


次に音声ですが、

音声では『ハミング→裏声ハミング→裏声→』 の順に発声しています。
       (んー     んー   んが(あ)ー )

この『裏声ハミング』の『んー』をよく聴いて下さい。



[VOON] 127-5 ハミング→裏声ハミング→裏声 m

この裏声のハミングは、鼻の奥で『小さなモーターが高速で回転しているような感じ』になります。

試しにやって頂いて、この感じが得られればOK!です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この裏声ハミングは、『楽な範囲の音域』でやってください。
(下手に無理をすると喉を痛めてしまうので・・・)

ロングトーンや音階、スタッカート(ハッハッハッ・・・)など、
とにかく発声音が小さいので工夫次第でいろんな発声ができると思います。

裏声ハミングで歌ってもいいと思います。
歌う時は楽は範囲で歌えるように、いくつかキーを下げて歌いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この『裏声ハミング』は工夫次第で かなりの練習ができますので
喉を鈍らせないためにも 声を出せない時は 適度な範囲でやってみてください。

もちろんこの『裏声ハミング』は裏声をきれいにする効果もあるので
裏声がきれいに出ない方にもお勧めです。


最後にもう一度、この裏声ハミングは 『楽な範囲の音域』でやってください。

今日は以上です。


↓良かったら、ポチッと!応援のほど よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
| 家で声を出したい時はこれです! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。