12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-23 (Tue)
第102回

皆さんこんにちは、こんばんは。

今日は、『ハミング』の重要性についてやります。

ハミングは低音から高音の発声まで、どの音も『楽に出すため』にとても重要です!!

このハミングの響きを保ちながら発声することがいい歌声の近道となります。


『ハミングがあっての低音』
(低音をしっかり響かせるにはハミングの練習は欠かせません)

『ハミングがあっての高音』
(特に高い声を楽に出す時はハミングの響きがしっかりしていないと楽には出ないと思います)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では早速今日の音声です。

『ラ』でやります。

『マメミモム』などの唇をいったん閉じる言葉でもいいのですが・・・

(最初に舌を使って口から息を出さない)『ラ』の場合、
『ラララ~♪』と歌の歌詞を全部『ラ』に変えて歌えるので『ラ』を使います・・・

 『マママ~♪』では、やり辛いと思うので。。。

1・・・普通の『ラ』

2・・・ハミングから→『ラ』

3・・・2で音を上げていく

4・・・2で音の上下

5・・・2の感じで、リズムをつける


[VOON] 102 ハミングから→『ラ』 m

こんな感じです。。。

最初のハミングの響きを保った状態から→『ラ』に行きます。


そうすることで『ラ』の響きが(頭内部での響きが)良くなってきます。
(声がきれいになってくるのではなく、振動(共鳴)の状態が良くなるということです)

この振動(共鳴)の状態が良くなると、お腹に力を入れなくても
高い声は楽に出るようになってくると思います。(今出せる範囲の高音のことです)


ハミングから→『ラ』 の出し方に慣れてきたら

好きな歌を全部『ラララ~♪』で歌ってみましょう!

ハミングのことを忘れないために最初はテンポを落としてゆっくりと歌いましょう。

そして、それに慣れてきたら通常のテンポで歌ってみましょう。

今日は以上です。
ではまた。

ランキングです。
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| ハミング |
2009-03-15 (Sun)
第10回

大変長らくお待たせいたしました。
本日より、レッスンと言えるほどのものか分かりませんが、
始めたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

最初に、歌の基礎となる発声練習から始めたいと思います。

それでは、まず最初にハミングの練習からです。

ん~ん~ん~♪ でおなじみですね。

ハミングはのどへの負担が少なく、一番重要な『響きのポイント』を体感する
ために必要な練習方法です。
(ビブラートや高い声などにも役に立ちます・・・)

声を入れたものがあるので、聴いてみて下さい。

男声は、ドから5つ上へ→ファから5つ下へ→ド→ファ→ド と2順します。
女性は、ソから5つ上へ→ドから5つ下へ→ソ→ド→ソ と2順します。

010 折り返し位置


2分30秒あるので、出だしだけ聴いたらすぐ止めて試しにやってみてください。
全部聴いてもいいのですが、長いので・・・


[VOON] ハミングの練習 仮発声入り

ピアノ伴奏を置いておきます。

男声は、ドから始まり→5つ上に行きファで折り返します。         

[VOON] 発声練習 1 男声 ピアノ伴奏


女性は、ソから始まり→5つ上に行きドで折り返します。

[VOON] 発声練習 1 女声 ピアノ伴奏

なんてことない練習ですが大切です。


| ハミング |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。