12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-18 (Thu)
祝!! 第100回!!

皆さんこんにちは、こんばんは。

このブログも、おかげさまで第100回を迎えることができました!!

これも皆さんのお蔭です!! 本当にありがとうございます!!


さて、100回目の今日は『わんわんビブラート』と題してやってみたいと思います。

”わんわん” とくれば 犬 わんちゃん です。

なぜかといえば音声の途中を聴くと、わんちゃんが吠えているように
聴こえるからです。

何となく察しがついたかもしれませんが、早速やり方のほうに参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、『あーーーーー』と発声しますが、『あー』の声に強弱をつけます。

(もちろん、音の上下も含まれます)

つまりこういうことです。 『あぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁ』 と、なります。


実際に音声を聴いてもらえばわかりますが、最初はゆっくりとお腹を使って

『あぁーーあぁーーあぁーーあぁーー・・・・』とやります。

『あぁー』と強く発声する時に、少しお腹に力を入れてお腹自体も少しへこませます。
→そして、お腹をゆるめ 力を抜きます。      これの繰り返し。。。


次に少し速くします。

『あぁーあぁーあぁーあぁー・・・・』 そしてさらに速くしていきます。

(この辺に来ると犬が吠えているような感じになりますが、気にしないで続けましょう)

スピードを上げるにつれてお腹の力を抜いていき、お腹をへこませるのも
徐々に止めていきます。

そして、速くなってきたら頭部だけで(首から上だけ)強弱をつけるように
してみます(ここが難しい表現かもしれません)。


ほんのわずかですが、どこかに力が入るかもしれません。(肩かな?)
ここまで来たらお腹は使いません。

この辺までの練習を何度も繰り返してみましょう。

この『わんわんビブラート』の場合は『ビブラート7段階法』と違って
最初の段階も(ゆっくりの所も)しっかりやることが重要になってきます。


なので、どの段階も満遍なくやってみましょう。

このやり方に慣れてきたら、最後に頭部の(首から上、または肩など)
力を抜いていきましょう。(ここも難しいかも・・・)

体の力を抜いてこのビブラートがかかる感じになれば、かなりいいと思います。
そして、自然な感じでビブラートがかかるようにやっていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、音声です。

最初はゆっくりで次第に速くなり、最後は、出だしが違いますが
自然な感じのビブラートです。


注意!! 今日の音声は音が大きいかもしれないので、音量を下げて聴いてみてください。


[VOON] 100 わんわんビブラート m

こんな感じです。  (途中、犬が吠えているような感じになります)

バカらしいかもしれませんが、これも練習法のひとつです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この『わんわんビブラート』もビブラートをかけるための、1つのヒントにすぎません。

また、すぐにビブラートがかかるという方法でもありません。 

自然なビブラートがかかるようになるまでには、時間がかかると思います。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ビブラート7段階法』→音の半音の上下

『わんわんビブラート』→音の強弱(音の上下も含まれています)

この2つのやり方はそれぞれ違いますが、最終的に同じビブラートが目標地点なので

スピードが速くなってくると、どちらも同じような感じになってくると思います。

どちらのやり方でも、自然なビブラートがかかるように頑張ってみてください。

ランキング!!お願いいたします!!→にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| わんわんビブラート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。